名入れバッグをもらう場面

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名入れバッグをもらう場面はいくつかあります。例えば大学などのオープンキャンパスでイベントを行ったり、入学前の体験プログラムに参加することがあるかもしれません。そんな時、学校の名前やロゴが入ったグッズをもらうことがあります。
バッグは長く使うことができるので、気に入ったデザインならさまざまな場面で重宝するグッズとなります。
新車販売会や、新築マンションのオープニングイベントなどでも、オリジナルグッズをもらうことがあります。会社の説明パンフレットや、ファイルに入った資料を小さめのバッグに入れてもらうことがあるかもしれません。A4サイズの資料がすっぽり入るバッグは、ちょっとしたものを入れるのに重宝します。

人気のあるバッグ

人によって、用途も使う頻度も異なるためお気に入りのバッグは異なるものです。名入れバッグをもらう場面を考え、人気のあるバッグをいくつか考えてみたいと思います。
オープンキャンパスでバッグを使う場合、学生に人気のあるバッグをチョイスすることが大切です。何といっても若い世代はオシャレに敏感です。流行色が使われているか、センスの良いデザインかをチェックしている世代です。どんな場面でも使われやすく、洋服にも合わせやすい白や紺、黒といったカラーを基調としたバッグが好まれる傾向にあります。
バッグの大きさも重要な要素です。学生なら毎日テキスト、辞書など重いモノをたくさん持っていかなければなりません。重さに耐えうる、耐久性の高いバッグ、かつ大き目のバッグは毎日使うことができます。本だけではなく、飲み物、ランチなども入れたいとなると、マチが広めのトートバッグや、中にポケットのあるバッグが好まれます。
部活や通学時に使うバッグは、途中で汚れることが多いので頻繁に洗濯できる強い生地が適しています。

名入れバッグの選択ポイント

オシャレな名入れバッグを制作したい場合、カラーの選択も重要なポイントです。
制作会社のホームページを確認し、どのような色合いのバッグが作れるか、印刷は何色くらい利用できるかチェックしましょう。ホームページの画面で見る色とイメージが異なることが多いため、多くの会社でサンプルを制作してくれます。有料と無料サンプルがあります。注文する数量が多い場合は、やはり一度試作品を確認した方が良いでしょう。
バッグの色とデザインを反対色にすると、ロゴが目立ってハッキリ見やすいバッグのデザインとなります。

ピックアップ記事

名入れバッグの種類

名入れバッグのカタチも色々あります。マチなしのバッグは薄いノートやカタログを入れるのに適しています。特に見積書や契約書といった、大切な書類などもぴったり収まるA4サイズのものが種類も多く、よく見かける...

安価で大量に制作できる名入れバッグ

様々な種類がある名入れバッグですが、マチなしのバッグは比較的安価に制作できます。かさばらない大きさのモノ、ちょうどA4サイズが入る程度の縦型バッグは、あちらこちらで見かけたことがあるのではないでしょう...

素材も選べる名入れバッグ

名入れバッグの素材は、その使用目的によって、いくつかあります。例えば、イベントや販促などで大量に作って、グッズとして配布する、という時にはやはり価格が安価なものを選ぶことが多くなります。多い素材は不織...

名入れバッグをもらう場面

名入れバッグをもらう場面はいくつかあります。例えば大学などのオープンキャンパスでイベントを行ったり、入学前の体験プログラムに参加することがあるかもしれません。そんな時、学校の名前やロゴが入ったグッズを...


利点